年中無休
ブランド時計一覧
ホーム > スーパーコピー時計のムーブメントの取り外しの注意事項

スーパーコピー時計のムーブメントの取り外しの注意事項

薄い絹織物の布をデスクトップのガラスの上で敷いて、サトイモの時計の後継の君主の朝鮮の上で薄い絹織物の布の上で置いて、先に機械の覆いを固めること、を機械のねじとスペーサの類の表す機械の組み合わせてセットにする部品に固めて取り出してそばを放置して、トランペットで栓抜きを表してあるいはペンチの先端が載せられてひとつの段のくぎを引き延ばすことを指して、それから少し 力を入れるために下を向いて少しおさえて、柄の軸のモジュールを抜き出すことができて、スーパーコピー時計を寝返りを打ったことがあって、腕時計のチップに殻の中でを表すから表してエラシコlの上で薄い絹織物の布の上にあけさせる、この時取っ手の軸のモジュールを要して再度挿してチップの主な添え板の柄の軸穴の中で行って、これは後でため の解体する工程の中で大部分が柄の頭部の件を使わなければならなくて指のしっかりと持つ機械志にしにきます。 ペンチを使って秒針、分針の部品を開けて、者日(の週間の〉の付加の機関を経過する腕時計を持たないことに対して、時計の針を開ける必要はない、時計の文字盤下でと時計の針を譲ることができる時車輪、時がリードに順番に当たっていっしょにロレックススーパーコピー時計の文字盤の部品の上で残す、トランペットで栓抜きを表して2匹の時計の文字盤luoくぎを緩める、luoくぎが緩める 2~3 良い、はねじが後退して多すぎる会がそれに没頭する孔を現させる、再び再インストールを要して上がっていって比較的に面倒をかけるため,をねじるのがあまりに緩めないでください。時計の文字盤の部品をとって、再びスーパーコピー時計の文字盤のねじをきつくねじることを忘れるなかれ、主な添え板のお手入とモバイル過程ですでにゆとりがあった時計の文字盤のねじで落ちて失うことを防止します。
清潔な薄い絹織物の布と柔らかい性で殻を表すことをブラシを表した、後にふた、砂の針、分針、は機械を固めます スペーサなどの部品がブラシ純を拭いた後に、殻の部品を表す中に秒針、少しの針に入れて、時計の文字盤の部品を敷いて、スペーサはとロレックススーパーコピー機械を固めて類を覆って、ついでに指で土を回った後につ、このひとまとまりのきれいに洗う必要はない部品を先に引き出しの中に入れて、チップに備えてきれいに洗い終わった後に再びいっしょに詰めて使います。

ニュースは:スター通信販売

 



最近回覧