年中無休
ブランド時計一覧
ホーム > 時計情報 > 計略の上でトップクラスの腕時計の“明るい金”の金銭を崇拝する騒動

計略の上でトップクラスの腕時計の“明るい金”の金銭を崇拝する騒動

 流行の風雲は瞬時に千変万化して、黄金はすでにもう成り上がりのシンボルではなくて、それは真珠や宝石の中で広範に使用するに、大型の真珠や宝石から小型のアクセサリまで(に)、波浪の造型から編むまで(に)信号システムの腕輪、腕時計さえ始めて“明るい金”の金銭を崇拝する騒動をよけたり,よけたりします

 
黄金は真珠や宝石上で倒れて意外な事にも動じなかったのを運用して、しかし腕時計の上の運用は絶対に新しくて流行する受け取る潮で、ロレックス、ジャガー・ルクルト、パリの米の爵、バセロン・コンスタンチンなどの贅沢なスーパーコピー時計のブランドはすべて黄金のシリーズの版を収集する腕時計を出したことがあってことがあって、絶対にこの“黄金のスポーツ”のリーダーです!近頃パリの美しい爵は皆黄金の腕時計をメインとしてそれぞれ大きくて贅沢な品物の発表会に参加して、黄色できらきら光る騒動のすでに勢いが激しかったのは再度結局来ます!
 
ロレックスは、はダリの超現実の錬金術の魔法が啓発を得る、骨董の金貨の考えの造型の発展を腕時計の設計まで(に)中から霊感は1967年のロレックスと超現実の芸術家のダリの協力で設計するDalid’or金貨に生まれます:正面のダリのすばらしい大きいひげのイメージは妻Galaの肖像と一体になって、背面はダリの作品の中でよくある卵のテーマで、作者の夢中になったのが懐胎する中の“明日の世界”と雌を創作して呼応を書きます。きらめく金色の光の腕時計の時計の文字盤と腕時計のバンドがおっとりして美しくて、時計の文字盤の内で設計したのはとてもシンプルで、盛んだすべて外形設計に置いた上。
 
時計界のはオスカーの大賞のジュネーブの時計の大賞に似通って、Reddotは設計するのは少し赤く大賞などの各種の賞は表を作成する師達の最後の検査のプラットフォームになって、そして本年度の時計の市場のために1部の最も権威のある成績簿を呈して、今回の盛大な事に参加するため、パリの美しい爵は毎年でもこのため1モデルのアイデアにしかも技術が完璧な1分のすきもない最優秀腕時計が十分なように出します。パリの美しい爵の皇室の皇帝の黄金が抵当に入れるのがシリーズ便を隠す中の一つで、また(まだ)スイスの専門の腕時計の雑誌の評議して選出する年度の最優秀腕時計の大賞を獲得したことがあってことがあります。パリの美しい爵のこの限定版の腕時計、時計の文字盤は純金を採用して鍛造してなって、皇室の風格は言うまでもありません。1枚ごとにが皆表を作成する大家がスイスのビルのパリの美しい爵の労働者の仕事場の内でから600時間で自分の手で創建し営んでなります。あなたは表している背面が見つかってあなたのこの腕時計の大家の名前を作ることができます。チップは太陽の放射線の真珠の輝きを通って皆手仕上を通じて(通って)処理、その板橋とメカニズムを磨き上げます。チップ設計の疑いをはさませない技術は突破して自由の理念を体現していて、ハーフバックの大胆な革新はまた優雅で気高い高級の時計と伝統を製造して持ちつ持たれつで更によくなります。
 
20世紀に、金貨が表してちょうど盛んに行われる時、その時たくさんの製表の職人は技術が抜群なことを表示するで、苦心惨憺して、超薄のチップを金貨の中に組み込んで、懐中時計を製造して、上流社会に観賞して、収集ようにの供えます。バセロン・コンスタンチンは腕時計の業界の巨頭として当然たいへん情勢のに順応して黄金のシリーズのスーパーコピーロレックス時計を出しました。それは1955年に出したのは高い名声の1003型番のチップを有して、このチップは金貨が表す内に応用させられて、ずっと今なお続きます。この黄金の腕時計、チップはサイドオープン設計を採用して、機械運動は一目で分かって、腕時計の時計の文字盤とチップは皆黄金を採用して製造してなって、きめ細かいダイヤモンドは周囲で象眼して、華麗な金貨と表す完璧な結合、予想するのは“時は金なり”の最も良い例証です。時計と貨幣の間のこのように見事なとけない縁、時間が更に生き生きとしていて更にすばらしい解釈を得たのをも譲ります。
 


最近回覧