年中無休
ブランド時計一覧
ホーム > 時計情報 > 流行してロレックス腕時計は今日になって良好な品位を表現している

流行してロレックス腕時計は今日になって良好な品位を表現している

 スポーティで歴史的な、この人気のロレックスの時計は、今日、少し前衛的な、カジュアルなドレスのスーパーコピー時計は良い味を想起させる、パフォーマンスに焦点を当て、そしてもちろん、それを着ている所有者に生活の中で高い駅として機能します。以前はここでガウス116400GVを見直した。このレビューは、しかし、何かのために少し異なっている。これはのラベルの下にアメリカで完全に刻まれているロレックスのガウスです-そう,ある意味で,これは、カスタマイズされたの時計のレビューです。

 
この時計はアフターマーケットであるという事実は、すぐに時計愛好家が刻まれている:片側に冒涜されているとして、任意のロレックスの変更を参照してください人であり、他方では非常に人気のあるものを取るの方法としてこれを参照してあのう。彼らは両方の権利です。
 
カスタマイズされたロレックスを購入することはリスクなしには来ませんが、報酬もあります。まず、ほとんどの部分については、残りの保証を無効に(これは、世界の終わりではない-特に保証の外にある時計)、そしてあなたも大幅に将来の再販価値を阻害するリスク。もちろん、その後者の要素は本当にカスタマイズに依存します。最もカスタマイズされたロレックスの時計は、今日の2つのキャンプに落ちる。1つは、アフターマーケットのダイヤモンドやジュエリーの設定です(ただし、私は常に彼らが殴られることはできませんので、ロレックスから工場の石をお勧めします)、2番目はに色やデザインの変更です。これは時計のようなものが入ってくるところです。
 
このカスタマイズされたロレックスガウスは異なっている,カスタマイズしたの時計の少ない一般的なタイプの間でそれを作る.アフターマーケットの時計のケースの彫刻はそこにあるが、それは稀である-それのための主要な理由の1つはそこに単に満足に仕事のこのタイプをすることができる余りにも多くの彫刻ではないことである。誰もがこの事実を知っていれば、それは数年前に彼の会社JunkFoodの服を販売した後、ブランドを始めたとりわけ、彼は個人的に手で靴および衣類を作り続ける。
 
ロレックスのブランドの最も興味深い部分の1つは彼らの仕事の多くが伴なうもの彼らの名前の非常に文字通りの意味である。あなたは10年ほど前にリコールする場合は、ファッショニスタは、古いが、実際には新しいものだった服の新しいロレックスのための保険料を支払うことになるtシャツやジーンズなどの人工的に高齢者の衣類についてのファッションの世界で行うには大きなことがあった。なぜあなたのジーンズを引き裂く誰かのために余分な支払い?まあ、実際には正当な理由があります。ブレインと彼の乗組員は全く新しいものは、古い外観を作るの芸術を完成している。これは、衣類には適用されません,しかし、書籍や家庭用品などの他のものに.ブランドは、ナイフからバッグに物事の範囲を作る,アメリカン郷愁と古典的な男らしさをブレンドするように見えるブランドの署名の外観とすべての.これは、彼の成功と狂信的な次のにもかかわらず、もともとボーズマン、モンタナ、から入れ墨で覆われた男のために理にかなって、日常的に彼の手の汚れ(しばしば非常に汚れた)を取得し続けています。
 
私は十分に最初に刻まれたロレックスの時計をによって提供されるデビューする幸運だったaBlogtoWatchここで以前の2015.生産し、個別に考案、ブレイン個人的には主に時計を選択し、プロの銃やナイフ彫刻の彼のプライベートネットワークには、米国の様々な部分に住んでいるそれらを提供します。ブレインは、多くのことを行うことができますが、時計ケースの彫刻は、それらの1つではない-彼は良い仕事のための目を持っていますが。彼によると、ほとんどの彫刻は、たとえ彼らが時計ケースを行うことができると思う場合でも、通常はできません。顧客と彫刻の間の仲介者としての彼の価値の一部は、最終的な製品がトップノッチであることを確認していると、それは審美的に彼の好みと期待と同等です。
 
ロレックスは、新しいものを作ることに特化しながら、それは明らかに時計のカスタマイズで彼の戦術ではない、古い外観。代わりに、彼の戦術は、これらのと他の時計いくつかの"古い文字を与えることです、"彼らは彼らの狩猟機器などの切望するために使用される高品質のツールの男性の世界に存在することができます。そこには、ナイフや銃と一緒に時計を楽しむコレクターがたくさんいる-これは、その精神に右に収まるように。いくつかの点で、この刻まれたロレックスガウス116400は、それが150年前に作られた場合、時計がどのように見えるかのブレインのビジョンです。
 
私は個人的に芸術的な整合性を愛し、どのように普遍的にアピールし、それはもう少し興味深いものになります。ロレックスの彫刻は、それがより良いことはありません,それはユニークになります.それは人々がそれをやっているだけでなく、それを身に着けていることを意味し、強い個性と欲望は誰もが好きではない知っている何かを着用する必要があります。私はこの刻まれたロレックスガウス116400を示している誰もが仕事に同意するために優れていますが、いくつかの人々が魅力的なそれを見つけることはありません。もちろん、これは非常に様式化された外観(つまり、ポイントの並べ替え)は、誰にアピールするつもりはないとして、理にかなっている。あなたは銃の外観のような場合は、彫刻、私は単にあなたがこの時計に失望されて見ることができないと述べた。
 
本当に私のためにこの刻まれたロレックスエクスプローラーコピー時計を作る一つのことは、それが始まるために、そのような素敵な時計の下にあるという事実です。例えば、時計の残りの部分は、彫刻と同じ静脈でテーマにされた場合、これは全く別の時計になります。良くも悪くもなるとは言っていませんが、全く違います。私はまた、これは現代のロレックスガウスではなく、の作品であることが好きです-ので、それによりレトロな感じを持っているものと非常に新しいもののこの組み合わせを持っている。
 
基本的なロレックスガウス116400は、おそらくあまりにも多くの導入を必要としない素晴らしい時計です。彼らはこのモデルのための緑彩色サファイアクリスタルを導入する前に、少し古いそれは116400GVを作るの「エンジニアウォッチ」であり、磁場に対する抵抗力があり、今日では「思考の人のためのドレスウォッチ」となっています。少なくとも、それはそれを置くための一つの方法です。スチールで40mm幅で、ロレックスガウスは、最も頻繁にそのクールで特徴的なオレンジ色の"稲妻"秒針とそれ以外の場合はクリーンダイヤルで識別されます。
 
 
 


最近回覧