年中無休
ブランド時計一覧
ホーム > 時計情報 > 米長虹時間芸術、猿年の新作腕時計を発表

米長虹時間芸術、猿年の新作腕時計を発表

 「米長虹時間芸術-内画工芸-拝相封じ」の腕時計、画面には、形の神が兼備していたサルが、身を屈して幹を持ち、少し頭を上げて、近くにいる木の下で小さな巣を囲んで楽しそうに旋回している双飛ぶミツバチを目にして、目をくらましている。シーン全体が悠々としていて、さざ波の人生の目標――サル祈願は、ミツバチに礼拝をし、功名として有名になったのである。図案の筆墨は黒々として褐色になっていて、生気の緑の意味によって、更にいくつかの妙な美しさを期待している。

 

「米長虹時間芸術-内画工芸-洪水と共に」腕時計、色沢は上金の雅やかさにはならないが、鮮やかに美しい顔をしている。ただ1匹の経典の白黒の基調の精巧な赤身の猿を備えていて、片手は両足が左側の太い幹に付いていて、そして左方にしなやかな枝を開けて、一躍壮志の高雲の前の道へ飛び込むように、また“天をそろえる大聖”のように、昇天して、歩歩が高く昇っています。猿のそばに花の似た花の花のように紅葉をしていたのは、豊かな人生のために、長い年月をかけた拳拳を送る。


最近回覧