年中無休
ブランド時計一覧
ホーム > 時計情報 > 故宮の精巧なエナメル時計が発表された

故宮の精巧なエナメル時計が発表された

 2015年10月25日に「故宮博物院90周年記念腕時計」の発表会が故宮博物院で開催された。発表会では、時計界や文化界の専門家、学者、収集家が、今回発表した「天自慢の竜鳳」と「太和無象」の2つの精巧なエナメル腕時計を目撃証言した。

 

今回の故宮文創団は宮廷文化を頼りにして、竜、鳳などの伝統的な文化要素を選び、伝統と革新的なエナメル工芸を組み合わせて、世界トップクラスのエナメルマスター、設計、生産、製作したエナメル腕時計シリーズの製品を開発した。芸術と工芸に敬意を表します。この製品の開発によって、中国の悠久のエナメル工芸を保護し、伝承し、伝統的な職人の精神を再発させたいと思います。
 
活動現場では、故宮博物院常務副院長の王亜民さん、北京故宮文化サービスセンター主任のフォン光さん、中国時計協会の副理事長のワンマン・チャンさん、故宮博物院の研究員、雑種鑑定の専門家、時計、エナメル専門家の張渇さん、故宮博物院の元指導、エナメル腕時計プロジェクトの顧「天自慢の竜鳳」と「太和無象」の2つのシリーズの腕時計を発表し、チャン・シェンの専門家として、現場のゲストのために、腕時計の独特な点を詳しく理解した。http://www.jpsupergreat7.com/jp2018news.html
 
これによりますと、今回発表された「天自慢の竜鳳」と「太和無象」のエナメル腕時計はいずれも対表であり、その中では天高の竜鳳腕時計は90対に限定され、太和は腕時計の限定で2015対する。


最近回覧