年中無休
ブランド時計一覧
ホーム > 時計情報 > 昆仑、黒色の陶磁器のデザインの金桥腕时计

昆仑、黒色の陶磁器のデザインの金桥腕时计

 昆仑(Corum)は直线式の透明な芸术の有名なGolden Bridge金桥腕时计をこねて、初めて黒色の陶磁器のデザインを出して、その抜群で独特な构造を更に入念に演绎します。表殻は最も堅固な材料の一つである陶磁器で作られ、複雑な構造の長いムーブメントと互いに照り映えて、技術の改良と純美芸術の間の微妙な化学効果を表しています。

 

セラミック製のゴールドブリッジの腕時計は高度に精密な腕時計の中にしなやかな美学を注いでいます。長形のムーブメントの細長い線は優雅な樽形の腕時計の中で伸びています。この特別な機械構造は1980年に最初に創造され、その瞬間はスイスの時計業界のシンボルとなりました。その独特な直線構造は巧みに運動エネルギー伝達の要求を満たしています。この完璧な純セラミック製ゴールドブリッジの腕時計は、さらに6時位置に冠を設け、CO 113の手動上弦ムーブメントを伸ばしているようです。腕時計に搭載されたスライドバネ上弦システムは、上弦の過度の影響でムーブメントに影響を与えないようにしていますが、ギアとピニオンギアはマザーボードとクリップボードブリッジの間に取り付けられています。古典的な目盛表示や三針ラインのデザインを捨てて、腕時計のムーブメントには変数の慣性ホイールが装備されています。腕時計の長時間正確さを確保できます。ムーブメントの振動周波数は4ヘルツメガ(1時間当たり28,800回の振動)で、動力は40時間まで準備されています。板橋には2本の支柱が設けられています。
 
長い形のムーブメントは黒い陶磁器のケースの中に置いて、表面、表の背と両側はサファイアの水晶のガラスから作って、360度は直線式のムーブメントの構造を透視して、人を魅惑的な透明芸術の中で陶酔させます。上層に設置されたグリップブリッジは5 N 18 Kの赤金で作られ、上には手彫りのCorumマークが飾られています。周りには細長い巻物の模様が描かれています。これらの模様はGolden Bridge金橋腕時計が登場したところでスイスのラウドシール(La Chux-deFonds)森林内のワラビ類の植物が描かれています。手作業が精巧です。作ったマザーボードも繊細な手作業で飾り、最も優れた伝統的な表工芸を見せています。ムーブメントの上に置いた透かし棒の形の針は腕時計に表面を設けないデザインを明らかにして、透感を更に際立たせて、優雅なワニの皮の時計のバンドは黒いPVDコーティングの針のボタンを組み合わせて、腕時計に優雅な気質を加えます。http://www.jpsupergreat7.com/sitemap.xml


最近回覧